コンテンツへスキップ

五十肩と膝の痛み

普段は身体が疲れたり、首や肩が張った時に行っておりますが、接骨院に定期的に行くようになったきっかけは2つです。

1つ目は五十肩になった時です。

腕が肩の位置より上に上がらず服を着たり脱いだりすることが出来ず困ったからです。

2つ目は五十肩が治って半年ほど経った頃に、膝の無関節部分が痛んで階段を登るのも苦労したからです。

行った接骨院は中国人が経営しています。通常のマッサージだけでなく針もしてくれます。

先生は中国上海の針専門の学校を出ており日本語も大分達者でした。

五十肩の時は半年ほどいろいろな医者を回りましたが、一向に快方に向かうことはありませんでした。

聞きづてに評判の良い今の接骨院に通いはじめ、針とマッサージ、赤外線の治療を1ケ月ほど続けた結果、嘘のように肩が治りぐるぐると回せるまで回復しました。

次に膝の関節痛の時は、その接骨院は2階にあり階段を登っていかないといけないのですが、行く前はヒーヒー言いながら足を引きずって階段を登りましたが、治療後は痛みもなく階段をスッと降りられました。

人によって合う合わないがあると思いますが、いかに自分に合った整体院・接骨院を探すことが重要です。

ちなみにそこで聞いた話ですが、針を1回するのはマッサージ5回するのより効果があるそうです。

PR*金沢市の整体院・接骨院ならハレバランス整体院